本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『古賀政男―歌はわが友わが心』(日本図書センター・人間の記録93)

『古賀政男―歌はわが友わが心』古賀政男(日本図書センター・人間の記録93)

未読

1999年
198頁




目次

序章〈まえがきにかえて〉 大衆に愛された私ほど幸福ものはいない
第1章〈明治37年―大正元年〉 大衆音楽の素養は貧しい生い立ちの中で育まれてきた
第2章〈大正元年―11年〉 苦闘の朝鮮時代に音楽の天分の芽ばえを見た
第3章〈大正11年―昭和4年〉 音楽への道をひた走った明大時代 そして「影を慕いて」でデビュー
第4章〈昭和4年―8年〉 “出せばヒット”でトップの座に しかしいばらの道の連続だった
第5章〈昭和9年―13年〉 無名のテイチクへ移籍 大会社に仕立てあげて退社
第6章〈昭和13年―20年〉 軍靴響くなか南北米親善使節派遣 やがて敗戦で引退を決意したが
第7章〈昭和20年―45年〉 敗戦でうち沈んだ日本人の心に歌謡曲はともしびとなった
第8章〈交友録〉 朔太郎、惣之助、八十など秀れた詩人との交友に恵まれた
エピローグ 古賀メロディーを歌っている限り日本人はハッピーになれない

[関連]
『歌はわが友わが心―古賀政男自伝』古賀政男(1977・潮出版社)
歌はわが友わが心[amazon]1
歌はわが友わが心[amazon]2

[参考]
『自伝 わが心の歌』古賀政男
自伝わが心の歌 1982・展望社[amazon]
自伝 わが心の歌 新装増補版2001・展望社[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする