本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『丸岡秀子―ひとつの真実に生きて』(日本図書センター・人間の記録92)

『丸岡秀子―ひとつの真実に生きて』丸岡秀子(日本図書センター・人間の記録92)

未読

1999年
233頁




目次

風雪はなおいまも
明子とともに
(光と影の交錯の中に/子の影のさびしく/この人ありて/三人の試練/よわい光と、つよい光と ほか)
共に、よろこびも、かなしみも
(この誇り、かがやいて/触れあう心/誰のために花はある/声高く友を呼ばん ほか)
女はどうして生きる
(生きるのぞみを/スメドレーへの道)
農村に育って
(執拗な課題/蕾は風にもたえて/いまも昔もかわりなく/ひとの子なれど/地球に朝陽を)
あとがき

[関連]
『ひとつの真実に生きて』丸岡秀子(1952・東洋書館)
ひとつの真実に生きて[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange