本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『徳川幹子―わたしはロビンソン・クルーソー』(日本図書センター・人間の記録90)

『徳川幹子―わたしはロビンソン・クルーソー』徳川幹子(日本図書センター・人間の記録90)

未読

1999年
279頁




目次

まえがき
I 父や子どものころの思い出
(父の帰国/ご縁日/ランプと影法師/銀座とチョコレート/絵の具の匂い/モデル/幼稚園とひとり半乗りの人力車 ほか)
II 家と娘時代
(お付き女中の小言/母と女中の役割分担/母の小言/おかい殺し、宿さがり/“勤める”ということ/台所/魚は骨ごと食べる ほか)
III 結婚、そしてドイツ
(お見合い/嫁入りじたく/結婚式とお披露目/嫁の立場/姑と若奥様/姑のこと、出産/母の死/ドイツ留学/ピラミッド見物 ほか)
IV 戦争のころ
(若奥様の生活/対策/おてがら/主人の書斎/使用人の嫁入り/娘たちの結婚 ほか)
V 入植と収穫の喜び
(米軍に接収されたわが家/今日よりはふる里になりぬこの夏野/開拓地のこと/夜の句会/大麦五升/お手洗い ほか)
VI 全国各地を巡って
(徳川のおばんつあん/婦人部長/陳情/藁と縄/ひとり旅/旅のつらさ、楽しさ ほか)
VII 終章
あとがき

[関連]
『わたしはロビンソン・クルーソー』徳川幹子(1984・茨城県婦人会館)
わたしはロビンソン・クルーソー[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange