本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『松永安左ェ門―自叙伝 松永安左ェ門』(日本図書センター・人間の記録85)

『松永安左ェ門―自叙伝 松永安左ェ門』松永安左ェ門(日本図書センター・人間の記録85)

未読

1999年
235頁




目次

学生時代
(入学当時/私の学歴ぶり/先生の言行と教訓/教師と学生の紛擾)
学校を出た頃
(日本銀行員となる迄/銀行員としての勤務ぶり/神戸へ出るまで/丸三商店閉店まで/豆粕で一儲け)
福松商会創業時代
(福松商会開店まで/石炭に着目/北海炭の販売開始)
結婚時代
(大阪へ店を出した頃/一喜一憂波瀾重畳/成金から損失へ)
九州へ行くまで
(成金―転落呉田の浜へ/ガスコークスの元祖/人間は金儲けするために生まれたものではない/製革時代/福博電車をやるまで)
付録 随想と講演
(登山人生観/協同精神の消長に就いて/新入の社員に対して/無駄排除運動に対するメッセージ/手帳のうちから ほか)

本書は、昭文閣1931年刊『自叙伝松永安左エ門』を改題して刊行したもの。

[参考]
『電力の鬼―松永安左エ門自伝』松永安左エ門(2011・毎日ワンズ)(底本が本書と同じか分からない)
電力の鬼[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする