本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『読ませる技術―書きたいことを書く前に』山口文憲(ちくま文庫)

『読ませる技術―書きたいことを書く前に』山口文憲(ちくま文庫)

2004年3月10日初版発行
214頁




本書は『読ませる技術―コラム・エッセイの王道』山口文憲(2001・マガジンハウス)を文庫化したもの。

著者は、ノンフィクション作家・エッセイスト。

「朝日カルチャーセンター」で文章講座を教える著者が、それを元にして書いた(講義風)エッセー、という感じの本。

全体を一つのエッセーというスタンスで読めば、つまらなくはない。が、文章力を向上させるという目的だとすると益の少ない本と言える。(対談も内容薄い)

巻末に関川夏央との対談が収録されている。(『鳩よ!』1998年8月号の対談を割愛部分を復活させ、新たなコメントを追加して再構成したもの)

[関連]
『読ませる技術―コラム・エッセイの王道』山口文憲(2001・マガジンハウス)
読ませる技術[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする