本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『留岡幸助―自叙/家庭学校』(日本図書センター・人間の記録82)

『留岡幸助―自叙/家庭学校』留岡幸助(日本図書センター・人間の記録82)

未読

1999年
193頁




目次

自序
(予を語る/わが奉教の由来/私はなぜ感化事業に身を投じたか/家庭学校創設に至るまで/思い出を語る/分校が確立に至るまで)
家庭学校
(わが家庭学校の教育/侍従奉迎記/伏見宮博恭王殿下を奉迎して/二人の家庭学校紹介者/物故されし我校の理事を懐う)
追悼・書簡
(逝きしわが友人達/次男励を失いて/書簡)

本書は、1933年刊『留岡幸助君古稀記念集』を再編集したもの。

[関連]
『留岡幸助君古稀記念集』留岡幸助
留岡幸助君古稀記念集 1933・留岡幸助君古稀記念事務所[amazon]
留岡幸助君古稀記念集 1987・大空社[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする