本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『高橋是清―立身の経路』(日本図書センター・人間の記録81)

『高橋是清―立身の経路』高橋是清(日本図書センター・人間の記録81)

未読

1999年
258頁




目次

第一編
(予が偽らざる全生涯の告白/異郷に奴隷に売られたる以来予の一貫せる処世主義)
第二編
(教育中毒論/金銭に対する正等の観念/青年は力量の全部を消費するな/就職難を感ずるは青年の罪なり/模範とすべき欧米実業家の長所/現代青年早婚の幣 ほか)
第三編
(外債募集に対する腹芸/外国資本家の放資する日本の事業/悪徳重役駆逐策/会社を破綻せしむる株主/不景気論/銀行の放資する標準/内国債整理論/満州の富源開拓機関 ほか)
第四編
(邦家の興亡は即ちこの点にあり/使う者と使わるる者の具備すべき要素/官立学校卒業生と私立学校卒業生優劣論/自己を頼め/機会は作るべからず来るを捉えよ)
第五編
(予が採用する行員の標準/銀行の集中主義と分立主義/関税実施後の影響いかに/すべからく輸出事業を盛んにせよ/過去の金融趨勢を論じて将来に及ぶ/通貨論/教育論)

本書は、丸山舎書籍部1912年刊『立身の径路』を改題し刊行したもの。

[参考]
『高橋是清自伝』高橋是清
高橋是清自伝 上 2018改版・中公文庫、Kindle版)
高橋是清自伝 下 2018改版・中公文庫、Kindle版)

『高橋是清伝』高橋是清口述、上塚司筆録、矢島裕紀彦現代語訳(1997・小学館地球人ライブラリー)
高橋是清伝[amazon]

『随想録』高橋是清
随想録 2018・中公文庫プレミアム、Kindle版[amazon]
随想録 2010・中公クラシックス[amazon]

『高橋是清 随想録』高橋是清口述、上塚司聞き書き(1999・本の森)
高橋是清 随想録[amazon](千倉書房昭和11年刊「随想録」のかなづかいのみを改めて再刊。)(新かなになっているということだろう)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする