本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『相沢忠洋―「岩宿」の発見 幻の旧石器をもとめて』(日本図書センター・人間の記録80)

『相沢忠洋―「岩宿」の発見 幻の旧石器をもとめて』相沢忠洋(日本図書センター・人間の記録80)

未読

1998年
258頁




目次

第一部 少年の孤独
(雷と赤土と空っ風/哀愁のふるさと/小僧という身分/海軍志願)

第二部 赤土の誘惑
(空疎な日々/大自然にふくらむ夢)

第三部 岩宿発掘
(高まる遺跡への関心/赤土に眠る黎明期文化/新しい学問の出発へ/あとがきに代えて)

本書は、講談社1973年刊『「岩宿」の発見』を改題して刊行したもの。

[関連]
『「岩宿」の発見―幻の旧石器をもとめて』相沢忠洋
1969・講談社[amazon]
1973・講談社文庫、Kindle版[amazon]

[参考]
『発掘狂騒史』上原善広(新潮文庫)
発掘狂騒史[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする