本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『藤原義江―流転七十五年 オペラと恋の半生』(日本図書センター・人間の記録73)

『藤原義江―流転七十五年 オペラと恋の半生』藤原義江(日本図書センター・人間の記録73)

未読

1998年
307頁




目次

忘れえぬ人、忘れえぬこと
(亡き母、遠い母の話/父の面影/如来さま、金光さま、天理教、キリスト教/学校遍歴と瓜生家/伊庭孝氏と浅草時代/ミラノへの旅立ち/パリの二人の友人――松山芳野里と照井詠三/ペギーとストラディバリウス/ロンドン社交界とレディ・スエースリング/吉田茂さんの思い出 ほか)

口笛を吹きながら
(わがミステーク/サクラの話/『カルメン』の珍事/テノールバカ/百万ドルの悪声/『討匪行』/音楽界のマナー/歌手とお酒/食べ物あれこれ/ビーチメルバの由来/運転手つきジープ/ポール・ロブスン/木琴の名手 ほか)

[関連]
『流転七十五年―オペラと恋の半生』藤原義江(1974・主婦の友社)
流転七十五年[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする