本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『こころの最終講義』河合隼雄(新潮文庫)

『こころの最終講義』河合隼雄(新潮文庫)

平成25年(2013)6月1日初版発行

308頁

本書は、1993年岩波書店から刊行された講演集『物語と人間の科学』を改題し、再編集したもの。

目次

第一章 コンステレーション―京都大学定年退職記念講義(1992)
第二章 物語と心理療法 日本心理臨床学会第十回大会 特別講演(1991)
第三章 第一部 隠れキリシタン神話の変容過程 京都市社会教育総合センターシティーセミナー(1992)
第二部『日本霊異記』に見る宗教性(同上)
第四章 物語のなかの男性と女性―思春期の性と関連して 神戸児童相談所「思春期公開講座」(1993)
第五章 アイデンティティの深化 京都市社会教育総合センター「創造的市民大学 第八講」(1985)

臨床心理学者・河合隼雄(1928-2007)の唯一の講演・講義集。

講演・講義をまとめたものなので分かりやすい。平明にして質の高い内容である。

ユング心理学に興味のある人はもちろん、心理学の知識はなくても読めるので河合隼雄の最初の一冊としてもおすすめ。


[関連]
『物語と人間の科学』河合隼雄(岩波書店)
物語と人間の科学[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする