本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『西尾幹二のブログ論壇』西尾幹二(総和社)

『西尾幹二のブログ論壇』西尾幹二(総和社)

単行本・ソフトカバー

平成22年(2010)12月18日初版発行
389頁



著者は、ドイツ文学者、評論家。

著者の著作、雑誌や自身のブログで発表した評論の反響、批判などをまとめている。一般の人のサイトやコメント、私信も多い。

7章の構成。

第1章は、西尾幹二「皇太子さまに敢えて御忠言申し上げます」(『WiLL2009年5月号』)とその続編の論文の反響。

第2章は、「田母神論文」に対しての評価が対極である著者と秦郁彦との対談。『諸君!』2009年4月号に掲載された「『田母神俊雄=真贋論争』を決着する」が収められている。

第3章は、『GHQ焚書図書開封』の書評。

第4章は、著者29歳の時の論文「私のうけた戦後教育」(『自由』昭和40年(1965)7月号)が全文収められている。

第5章は、三島由紀夫が主題。著者の、2008年憂国忌記念講演「限界を超えた『芸術と実行』の分離の理念」が収められている。

第6章・7章は、著者の著作の書評や日々の出来事をつづった文章など。
『真贋の洞察』『江戸のダイナミズム』

内容の濃い書である。
特に、第2章の対談と第4章の評論がよかった。この教育についての評論はとても29歳の人物が書いたとは思えない文章かつ内容のもので、いまも十分に読むに値する。

高校生くらいの若い人にもおすすめの本。

なお、本書p.316に『諸君!』の座右の銘についての企画が文春新書になる、とあるがこれは『朝礼・スピーチに使える座右の銘77』(文春文庫)という形になって刊行されている。

[参考]
『皇太子さまへの御忠言』西尾幹二(ワック)2008単行本・2012新書
皇太子さまへの御忠言[amazon]

『保守の怒り―天皇・戦争・国家の行方』西尾幹二・平田文昭(2009・草思社)
保守の怒り[amazon]

『「権力の不在」は国を滅ぼす』西尾幹二(2009・ワック)
「権力の不在」は国を滅ぼす[amazon]

『GHQ焚書図書開封』西尾幹二

『三島由紀夫の死と私』西尾幹二(2008・PHP研究所)
三島由紀夫の死と私[amazon]

『真贋の洞察―保守・思想・情報・経済・政治』西尾幹二(2008・文藝春秋)
真贋の洞察[amazon]

『江戸のダイナミズム―古代と近代の架け橋』西尾幹二(2007・文藝春秋)
江戸のダイナミズム[amazon]
『西尾幹二全集 第20巻 江戸のダイナミズム―古代と近代の架け橋』西尾幹二(2017・国書刊行会)
全集 江戸のダイナミズム[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange