本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『藤城清治―影絵はひとりぼっち』(日本図書センター・人間の記録58)

『藤城清治―影絵はひとりぼっち』藤城清治(日本図書センター・人間の記録58)

未読

1997年
222頁




目次

1章 人(影絵はひとりぼっち/花森安治さんのこと/ぼくの最初の絵の先生/ぼくのおやじ/ぼくの母/ぼくのおじさん ほか)
2章 影絵(影絵との出会い/ぼくのオリジナルカレンダー/ぼくと影絵/影絵の原画と印刷/逆光線の美しさ/ぼくはホンモノの画家でありたい ほか)
3章 旅(日本の新しい影絵を目指して/影絵劇をもって中東へ/ジャワのワヤンをたずねて/中国を旅して ほか)
4章 身のまわりのこと(ぼくの脳腫瘍/影絵と病気のこと/肺がん検査のこと/こけし/YOU/おべんとう ほか)
5章 動物(猫、犬、小鳥、魚/動物と魚と/ピエロと迷子の子犬/雑種のチビ/シャム猫/ぼくの猫 ほか)


[関連]
『影絵はひとりぼっち』藤城清治(1986・三水社)
影絵はひとりぼっち[amazon]

[参考]
『光は歌い影は躍る―藤城清治の軌跡』藤城清治(2004・佼成出版社)
光は歌い影は躍る[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange