本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『若月俊一―農村医療にかけた30年』(日本図書センター・人間の記録56)

『若月俊一―農村医療にかけた30年』若月俊一(日本図書センター・人間の記録56)

未読

1997年
325頁




目次

一 信州に住みて
二 「転向」の中から
三 農村医学の始まり
四 地方の小ボスとなって
五 若者よ
六 私の医者論
七 変わりゆく農村と健康
八 農薬公害とたたかう
九 農協組織に身をおいて
十 すすむ農村医学
十一 地域医療をめざして
十二 医者の再教育を


[関連]
『農村医療にかけた30年』若月俊一(1976・家の光協会)
農村医療にかけた30年[amazon]

[参考]
『信州の風の色―地域農民とともに50年』若月俊一(2010・旬報社)
信州の風の色[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする