本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『家永三郎―一歴史学者の歩み』(日本図書センター・人間の記録35)

『家永三郎―一歴史学者の歩み』家永三郎(日本図書センター・人間の記録35)

未読

1997年
238頁




目次

1 私の家庭と人間形成
2 大正デモクラシー期の教育と私
3 歴史へのあこがれ――中学校時代の思い出
4 思想上のコペルニクス的転回
5 学生運動消滅後の大学生生活
6 「暗い谷間の時代」の中で始まった私の研究生活
7 敗戦直後の心境
8 逆コースの開始と私の社会的認識の成長
9 教科書訴訟を提起するまで
10 教科書裁判と東京教育大でのたたかい


[関連]
『一歴史学者の歩み』家永三郎(岩波現代文庫)
一歴史学者の歩み[amazon]

『家永三郎集 第16巻 自伝 付 著作目録・年譜』家永三郎(岩波書店)
家永三郎集〈第16巻〉[amazon]

『一歴史学者の歩み―教科書裁判に至るまで』家永三郎(三省堂新書)
一歴史学者の歩み(1967年)[amazon]
『一歴史学者の歩み 新版』家永三郎(三省堂選書27、三省堂)
一歴史学者の歩み (1977年)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange