本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『人見絹枝―炎のスプリンター』(日本図書センター・人間の記録32)

『人見絹枝―炎のスプリンター』人見絹枝(日本図書センター・人間の記録32)

未読

1997年
347頁




目次

第一部 スパイクの跡(学校時代/第一回欧州遠征/練習時代/第二回欧州遠征/第九回オリンピック大会出場)
第二部 ゴールに入る(希望と収穫の一九二九年/プラーグ目指して/第三回世界女子オリンピック大会/転戦の記/ゴールに入る

本書は『炎のスプリンター 人見絹枝自伝』(山陽新聞社出版局)を改題し刊行したもの。
『炎のスプリンター 人見絹枝自伝』は、人見絹枝の自伝2書『スパイクの跡』(平凡社)、『ゴールに入る』(一成社)の主要部分を現代語訳にして再構成したもの。


[関連]
『炎のスプリンター 人見絹枝自伝』人見絹枝、織田幹雄・戸田純編(山陽新聞社出版局)
炎のスプリンター―人見絹枝自伝 (1983年)[amazon]

『スパイクの跡/ゴールに入る 伝記・人見絹枝』人見絹枝(1995・伝記叢書154・大空社)
スパイクの跡/ゴールに入る[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする