本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『西條八十―唄の自叙伝』(日本図書センター・人間の記録29)

『西條八十―唄の自叙伝』西條八十(日本図書センター・人間の記録29)

未読

1997年
208頁




目次

唄を忘れたかなりや/大震災の一夜/「椿姫」と「マノンレスコオの唄」/「当世銀座節」を書いた頃/美少女人野ゆかり/東京行進曲/ビクター専属となる/「愛して頂戴」と赤木山/「女給の唄」と「サムライ・ニッポン」/談州楼燕枝の母/初めて小唄勝太郎に会う/「天国に結ぶ恋」と徳山叙ホ/小林千代子発見/「島の娘」時代/中山晋平氏と「大島おけさ」/コロムビヤ入社と「サーカスの唄」/民謡の旅/媚かしき誤解/袋蜘蛛――小唄作者の旅日記/「東京音頭」時代/「東京音頭」余話と巡査歌手「小野巡」/アメリカへ行くまで/「愛染かつら」

[関連]
『唄の自叙伝』西條八十(生活百科刊行会)
唄の自叙伝 (1956年)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange