本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『徳富蘇峰―蘇峰自伝』(日本図書センター・人間の記録22)

『徳富蘇峰―蘇峰自伝』徳富蘇峰(日本図書センター・人間の記録22)

未読

1997年
388頁



本書は、『蘇峰自伝』(1935・中央公論社)の復刊。



目次

自伝の縁起
第一章 生い立ちと幼年時代
第二章 村塾勉学時代と洋学校時代
第三章 上京及び同志社遊学時代
第四章 帰郷と大江義塾の創立 
第五章 上京と板垣伯及び各方面の交遊
第六章 『将来之日本』出版と『国民之友』創刊当時
第七章 国会開設前の政界と予
第八章 『国民新聞』発刊時代
第九章 議会政治初期の政界と予
第十章 日清戦役時代と予
第十一章 日露戦役前の政局と予(上)
第十二章 日露戦役前の政局と予(下)
第十三章 日露戦役時代と予
第十四章 桂公の政党組織時代と予
第十五章 書き遺せる思い出を拾う
第十六章 政界絶縁と立言者
第十七章 関東大震災と厄難時代
第十八章 国民新聞社退社以後古稀に至る迄

[関連]
『蘇峰自伝』徳富蘇峰(中央公論社)
蘇峰自伝 (1935年)[amazon]

『日本人の自伝5 徳富猪一郎・三宅雪嶺』(平凡社)

『日本人の自伝16 徳富猪一郎 『蘇峰自伝』』(平凡社)
『蘇峰自伝』電子版 [eBookJapan]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする