本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『メタファー思考』瀬戸賢一(講談社現代新書)

『メタファー思考―意味と認識のしくみ』瀬戸賢一(講談社現代新書1247)

1995年4月20日初版発行
210頁




著者は学者。専門は英語学、レトリック。

「はじめに」の出だしから興味深い。

p.3
「目玉焼き」がメタファーであるといえば、驚く人がいるかもしれない。もちろん目玉焼きそのものではなく、「目玉焼き」という表現の方である。

至るところに見られるメタファー(表現)を分かりやすく手際よく論じている。何気ないおおくの表現も言われてみればメタファーだと気付かされ、新鮮。
言葉に関心がある人は、興味をもって読めるだろう。新書だが内容は濃い。

レトリックを研究する人は必読。巻末に読書案内もある。

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする