本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

「夏の花」原民喜

「夏の花」原民喜(はら・たみき)約33枚(400字)

初出は、昭和22年(1947)の『三田文学』(6月号)。

著者が自身の広島での被爆体験を基に書いた短篇小説。
GHQの検閲により発行禁止とされた原爆についての小説ということで興味を惹かれ読む。
凄惨な体験が淡々とした筆致で書かれている。

青空文庫(新字旧かな)

青空文庫(新字新かな)

Kindle版・無料

『小説集 夏の花』岩波文庫[amazon]

『夏の花・心願の国』新潮文庫[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする