本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本の原爆文学14 手記・記録』(ほるぷ出版)

『日本の原爆文学14 手記・記録』核戦争の危機を訴える文学者の声明署名者(ほるぷ出版)(全15巻)

未読

1983年
520頁



広島篇:三日間/幻/凶点/八月六日の朝/老いたる隠亡/爆心に生き残る/
師とともに泳ぐ/白血病と闘う/七年の記/甲神部隊の父/打ちひしがれし春の草花/
先生同情されない人間になって下さい/かけがいのない命/アイモの戦慄 他

長崎篇:地球ガ裸ニナッタ/長崎師範学校被爆日記/原子雲の下に生きて/
第三仕上工場/人間堤防/麦わらの上でこと切れた夫/私のなかの原爆と天皇陛下/
続われなお生きてあり/原爆に灼かれてもなお/被爆者として障害者として/
亡きはらからにかわり要求する 他
焼津、ビキニ、そして:アメリカよなぜ拒む/三菱徴用工は叫ぶ/
父の悲運を引き継いで/「ビキニ」の被爆者たち 他

解説 文沢隆一、鎌田定夫

日本の原爆文学〈14〉手記/記録 (1983年)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする