本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本の原爆文学11 短篇Ⅱ』(ほるぷ出版)

『日本の原爆文学11 短篇Ⅱ』核戦争の危機を訴える文学者の声明署名者(ほるぷ出版)(全15巻)

未読

1983年
481頁



死の影
風化の底
焦土
同窓会は夏に
倉橋島
氷牡丹火と碑
遺贈された生活
死者は裁かない
名前のない男
青銅色の闇
聖地の女
夏の刻印
八月二十三日の事
死者への勲章
広島巡礼
黄葵
解説回想を拒否した視点解題
死の影
風化の底
焦土
同窓会は夏に
倉橋島
氷牡丹
火と碑
遺贈された生活
死者は裁かない
名前のない男
青銅色の闇
聖地の女
夏の刻印
八月二十三日の事
死者への勲章
広島巡礼
黄葵

日本の原爆文学〈11〉短篇 (1983年)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする