本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本の原爆文学10 短篇Ⅰ』(ほるぷ出版)

『日本の原爆文学10 短篇Ⅰ』核戦争の危機を訴える文学者の声明署名者(ほるぷ出版)(全15巻)

未読

1983年
429頁



あの日のこと
小さき十字架を負いて
炎の日一九四五年八月六日
見知られぬ旅
実験都市
どくだみ草
死の鞭と光
残存者
被爆者たち
祈祷
雲の記憶
過ぐる夏に
重い車
赤と黒の喪章
解説現代の人間の原罪としての負荷を負い続けて解題
炎の日
見知らぬ旅
どくだみ草
実験都市
死の鞭と光
残存者
被爆者たち
雲の記憶
祈祷
過ぐる夏に
赤と黒の喪章
重い車
あの日のこと
小さき十字架をおいて

日本の原爆文学〈10〉短篇 (1983年)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする