本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本の原爆文学2 大田洋子』(ほるぷ出版)

『日本の原爆文学2 大田洋子』(ほるぷ出版)核戦争の危機を訴える文学者の声明署名者(ほるぷ出版)(全15巻)

未読

1983年
374頁



屍の街序
屍の街

暴露の時間
ほたる
病葉
輾転の旅
原子爆弾
死の魔手
広島から来た娘たち
わが小説「山上」

解説 小田切秀雄

日本の原爆文学〈2〉大田洋子 (1983年)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする