本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『「痴呆老人」は何を見ているか』大井玄(新潮新書)

『「痴呆老人」は何を見ているか』大井玄 (おおい・げん)
(新潮新書248)

2008年1月20日初版発行

223頁

著者は、臨床医。

痴呆とはどのような状態か、どう扱われるのか、どう関わればよいのか等を語る。

それから認識について仏教の唯識を説明し論じ、続いて自我について論じる。

また、ひきこもりについても考察している。

中々の良書。

著者の体験やエピソード、引用、取り上げられている事例も興味深かった。

なお正確に言えば本書では、書名にある痴呆老人が「何を見ているのか」はわからない。

その世界の一端を知るには、本書でも引用されている『痴呆老人が創造する世界』がよい。

[参考]

『痴呆老人が創造する世界』阿保順子(岩波書店)(本書p86-87に引用)
痴呆老人が創造する世界[amazon]

『おかあさま、大丈夫よ―命の紅葉のとき』美川漾子(文芸社)(本書p41-43に引用)
おかあさま、大丈夫よ―命の紅葉のとき[amazon]

『痴呆の哲学―ぼけるのが怖い人のために』大井玄(弘文堂)
痴呆の哲学[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする