本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『聞かせてよ、ファインマンさん』(岩波現代文庫)

『聞かせてよ、ファインマンさん』リチャード・フィリップス・ファインマン、大貫昌子・江沢洋訳(岩波現代文庫)

未読

2009年
330頁




目次

1 ものごとをつきとめることの喜び
2 未来の計算機
3 現代社会での科学的文化の役割とそのありかた
4 底のほうにはまだ十二分の余地がある
5 科学の価値とは何か
6 リチャード・P.ファインマンによるスペースシャトル「チャレンジャー号」事故少数派調査報告
7 科学とは何か
8 世界一、頭のいい男
9 リチャード・ファインマン、宇宙を築く
10 科学と宗教の関係

ファインマンの講演・インタビューをまとめた一冊。『ファインマンさんベストエッセイ』の文庫版。


[関連]
『ファインマンさんベストエッセイ』(2001・岩波書店)
amazon

[参考]
『ご冗談でしょう、ファインマンさん』上(岩波現代文庫)
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉[amazon]

『ご冗談でしょう、ファインマンさん』下(岩波現代文庫)
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉[amazon]

『困ります、ファインマンさん』(岩波現代文庫)
困ります、ファインマンさん[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする