本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本の原爆記録14』(日本図書センター)

『日本の原爆記録14』家永三郎、小田切秀雄、黒古一夫編(日本図書センター)(全20巻)

未読

1991年
491頁




『被爆二世 -その語られなかった日々と明日-』(広島記者団被爆二世刊行委員会編)
『原爆が遺した子ら -胎内被爆小頭症の記録-』(きのこ会)

解説:「”核”の反人間性を明示 =時間をこえる人間破壊」(黒古一夫)
解題(黒古一夫)


[関連]
『被爆二世-その語られなかった日々と明日』深川宗俊 監修、広島記者団被爆二世刊行委員会編(時事通信社)
被爆二世(1972年)[amazon]

『原爆が遺した子ら-胎内被爆小頭症の記録』きのこ会(渓水社)
原爆が遺した子ら[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする