本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『発掘狂騒史』上原善広(新潮文庫)

『発掘狂騒史―「岩宿」から「神の手」まで』上原善広(新潮文庫)

未読

2017年
366頁



『石の虚塔―発見と捏造、考古学に憑かれた男たち』上原善広、を改題し文庫化したのが本書。


[関連]
『石の虚塔―発見と捏造、考古学に憑かれた男たち』上原善広(2014・新潮社)

[キーワード]
相澤忠洋(相沢忠洋)、芹沢長介

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする