本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『矢内原忠雄―私の歩んできた道』(日本図書センター・人間の記録9)

『矢内原忠雄―私の歩んできた道』矢内原忠雄(日本図書センター・人間の記録9)

未読

1997年
242頁




目次

1 私の歩んで来た道
一 新渡戸・内村先生のこと/二 大学―留学―震災/三 植民地政策研究のころ/四 藤井武の思い出/五 暗い時代―盧溝橋事件から太平洋戦争/六 戦後

2 匪賊に遭った話/大学辞職の日/戦の跡

3 原子力時代の教育/大学と学問

4 学生に望む/駒場の思い出/私の歌/人生の転機

5 著述目録/著者年譜

[関連]
『私の歩んできた道』矢内原忠雄(東京大学出版会)
『矢内原忠雄全集 第26巻 私の歩んできた道』矢内原忠雄(岩波書店)
『私の歩んできた道』矢内原忠雄(UP選書・東京大学出版会)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする