本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『金田一京助―私の歩いて来た道』(日本図書センター・人間の記録6)

『金田一京助―私の歩いて来た道』金田一京助(日本図書センター・人間の記録6)

未読

1997年
176頁




目次

一 金田一という苗字のこと
二 最初の記憶
三 父と弟
四 小学時代から高等学校時代へ
五 大学時代
六 アイヌ語研究に踏み切る
七 石川啄木の上京
八 啄木との同宿時代
九 結婚
一〇 石川啄木の臨終
一一 アイヌ語研究(一)
一二 アイヌ語研究(二)

[関連]
『私の歩いて来た道―金田一京助自伝』(1968・講談社現代新書)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange