本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『逢う』中島らも(講談社)

『逢う』中島らも(講談社)

1996年9月5日初版発行
229頁

著者は、小説家、随筆家、ミュージシャンほか。

著者と8人の人物との対談をまとめた本。

初出一覧

野坂昭如(本書初出)
チチ松村(本書初出)
山田風太郎(『IN★POCKET』(講談社)1994年3月号)
松尾貴史(本書初出)
ツイ・ハーク(『現代』(講談社)1993年12月号)
井上陽水(本書初出)
山田詠美(本書初出)
筒井康隆(『小説新潮』(新潮社)1994年4月号)

ビッグネームが並んでいるので期待したが、全体的には浅くがっかりの内容。
野坂とのアホなやりとりはくだらないが、なかなかおもしろかったが。

本書は文庫化されている。

なお、山田風太郎との対談は、『今夜、すべてのバーで』中島らも(講談社文庫)の巻末に収められているものと同じもの。


[関連]
『逢う』中島らも(1999・講談社文庫)
逢う 講談社文庫[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange