本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『新美南吉童話集』千葉俊二編(岩波文庫)

『新美南吉童話集』千葉俊二編(岩波文庫)

1996年7月16日初版発行
332頁

目次

ごん狐
手袋を買いに
赤い蠟燭
最後の胡弓弾き
久助君の話

うた時計
ごんごろ鐘
おじいさんのランプ
牛をつないだ椿の木
百姓の足、坊さんの足
和太郎さんと牛
花のき村と盗人たち

童話における物語性の喪失

解説 千葉俊二


新美南吉の童話の良作を収録した本。今も色あせないどころか、ますます輝きを増している珠玉の童話たちを収める。
また、評論「童話における物語性の喪失」も収録されている。

おすすめの良書。大人にこそ読んでほしい。

[参考]
『新美南吉童話集』新美南吉(2006・ハルキ文庫)
新美南吉童話集 ハルキ文庫[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする