本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『新美南吉童話集』新美南吉(ハルキ文庫)

『新美南吉童話集』新美南吉(ハルキ文庫)

2006年11月18日初版発行
221頁

目次

ごん狐
手袋を買いに

和太郎さんと牛
牛をつないだ椿の木
幼年童話(10作品)
小さい太郎の悲しみ
久助君の話
花をうめる
おじいさんのランプ

解説「悲しみ耐える力」谷悦子
エッセイ「思い邪無し」谷川俊太郎

新美南吉の童話の良作を収録した本。『新美南吉童話集』(岩波文庫)と収録作品は、ほとんど重複しているが、本書には名作「花をうめる」が収められている。

おすすめの良い本だが、岩波文庫『新美南吉童話集』には「幼年童話」と「花をうめる」以外の本書収録の作品は全てあり、また本書に収められていない良作も多く含まれている。なので、どちらか一冊なら岩波文庫版をおすすめする。

なお、「花をうめる」は青空文庫で読める。「花をうめる」新美南吉を参照してください。


[参考]
『新美南吉童話集』(1996・岩波文庫)
新美南吉童話集 岩波文庫[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange