本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『空と無我―仏教の言語観』定方晟(講談社現代新書)

『空と無我―仏教の言語観』定方晟(さだかた・あきら)(講談社現代新書997)

1990年5月20日初版発行
203頁

著者は仏教学者。

ウパニシャッド哲学のアートマン思想を説明し自我を論じ、無我、輪廻の説明。
それから、「説一切有部」について触れてから、空(くう)の思想を論じる。

第6章・7章・8章が本書のメインで、ナーガールジュナ(龍樹)の『中論』を解説し、論じている。

第9章は、唯識思想の概説と批判。

新書だが質の高い内容がまとまめられている。良書。

空の思想に興味がある人には、おすすめの一書。教養としては、この一冊で十分である。(さらに学びたい人は、『龍樹』中村元、『中論』三枝充悳、などにあたるとよい。)

また、仏教、哲学、言語学、言葉について興味がある人にもおすすめである。


[参考] 
『龍樹』中村元(2002・講談社学術文庫)
龍樹 講談社学術文庫[amazon]

『中論(上)―縁起・空・中の思想』三枝充悳・訳注(1984・レグルス文庫、第三文明社)
中論 上 レグルス文庫(新書)[amazon]
『中論(中)―縁起・空・中の思想』三枝充悳・訳注(1984・レグルス文庫、第三文明社)
中論 中 レグルス文庫(新書)[amazon]
『中論(下)―縁起・空・中の思想』三枝充悳・訳注(1984・レグルス文庫、第三文明社)
中論 下 レグルス文庫(新書)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする