本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『「分ける」こと「わかる」こと』坂本賢三(講談社現代新書)

『「分ける」こと「わかる」こと―新しい認識論と分類学』坂本賢三(講談社現代新書651)

昭和57年(1982)4月20日
205頁


著者は学者。専門は、哲学・科学史・技術史。

タイトルから分類学の本に思えるがそうではない。
古代ギリシアの哲学、老子や荘子、各宗教、近代の哲学者等々が、どのように世界を分けているのか、認識しているのかを概括した内容。
一言でいうと比較思想論。

「わけること」のさまざまな事例が挙げられている。

けっこう古い本だが、今も一読の価値あり。こういう本は高校生に特におすすめ。


[関連] 
『「分ける」こと「わかる」こと』 坂本賢三(2006・講談社学術文庫)
「分ける」こと「わかる」こと[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange