本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!』高山正之

『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!』高山正之(たかやま・まさゆき)(WAC BUNKO) 新書

未読

2014年
244頁


目次

第1章 パレンバン……オランダを蹴散らした空の神兵
第2章 インパール……神のごとく振る舞った英国人が青ざめた
第3章 上海・南京・武漢……日本を潰せ──支那の背後にちらつく露・独・米の影
第4章 旅順……アメリカはなぜ「日露講和」に乗り出したのか
第5章 ビルマ・真珠湾……白い人が仕掛けた黒い罠
第6章 ラバウル……米豪の“白きゴーマニズム”
第7章 バターン……「バターン死の行進」はクサイぞ!
第8章 韓国……奴隷のいた国、いない国
第9章 東ティモール……「戦後自虐史観」の方程式=白人の奸計+ウソつき教授+朝日新聞
第10章 白人はいつも肚黒い

本書は、『歴史通』2009年4月号〜2011年5月号に掲載された「封印された戦趾」をまとめ、2011年8月に出版された『白い人が仕掛けた黒い罠』を、改題・改訂した新版。


[関連]
白い人が仕掛けた黒い罠ーアジアを解放した日本兵は偉かった[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする