本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

現代リベラリズムとその周辺 ブックガイド 共和主義

共和主義
人民の自己統治を政治の理想とする。ギリシャ・ローマ時代に発し、西洋思想の根底に今なお息づく。特にコミュニタリアニズムが共通善の根拠として重視している。

共和主義 入門・概論・各論
『マキァヴェリアン・モーメント―フィレンツェの政治思想と大西洋圏の共和主義の伝統』J・G・A・ポーコック、田中秀夫・奥田敬・ 森岡邦泰訳(2008・名古屋大学出版会)[amazon]
『自由主義に先立つ自由』クエンティン・スキナー、梅津順一訳(2001・聖学院大学出版会)[amazon]
『共和主義ルネサンス―現代西欧思想の変貌』佐伯啓思・松原隆一郎編著(2007・NTT出版)[amazon]
『共和主義の思想空間―シヴィック・ヒューマニズムの可能性』田中秀夫・山脇直司編(2006・名古屋大学出版会)[amazon]
『共和主義と啓蒙―思想史の視野から』田中秀夫(1998・ミネルヴァ書房)[amazon]
『共和主義の法理論―公私分離から審議的デモクラシーへ』大森秀臣(2006・勁草書房)[amazon]
『社会思想史研究 No.32 特集:共和主義と現代―思想史的再考』社会思想史学会編(2008・藤原書店)[amazon]


※勁草書房「現代リベラリズムとその周辺ブックガイド」を参考に作成。


現代リベラリズムとその周辺 ブックガイド 全体像 入門・概論・各論
現代リベラリズムとその周辺 ブックガイド リベラリズム
現代リベラリズムとその周辺 ブックガイド リバタリアニズム
現代リベラリズムとその周辺 ブックガイド コミュニタリアニズム
現代リベラリズムとその周辺 ブックガイド ネオコンサバティズム
現代リベラリズムとその周辺 ブックガイド 功利主義
現代リベラリズムとその周辺 ブックガイド 分析的マルクス主義

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange