本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『家郷の訓』宮本常一(岩波文庫)

『家郷の訓』(かきょうのおしえ)宮本常一(みやもと・つねいち)(岩波文庫)
1984年7月16日初版発行
280頁



本書の底本
『宮本常一著作集』第6巻(未来社)(1967)

初出『家郷の訓』宮本常一(三国書房)昭和18年(1943)

著者の身内や故郷の人々の暮らしについて書かれたもの。
筆者には、祖父母や曾祖父母の子供時代を垣間見るようであった。
良書。

(本書「解説」(原ひろ子)p.279より)

この本は、生活の書である。そして学問の書である。年齢や生まれた地方の如何を問わず、この本を読む人は、自分自身の体験や生活を内省して、自らの成長の過程や、子どもの育て方、孫との接し方、地域活動のあり方、地域行政のあり方などを具体的に考える上でのヒントを得るであろう。
『家郷の訓』は、民俗学、子ども学、子ども史、教育史、教育学、文化人類学などを志す人びとにとっては必読の古典である。

上記引用の見解に異論なし。

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする