本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『現代形而上学論文集』柏端達也・青山拓央・谷川卓編訳(勁草書房)

『現代形而上学論文集―ルイス、メリックス、ヴァン・インワーゲン、キム、デイヴィドソン、プライア、パーゲッター、ジャクソン、サイモンズ』柏端達也・青山拓央・谷川卓編訳(勁草書房)

未読

2006年
340頁


たくさん、だけど、ほとんど一つ(Many, but almost one)デイヴィド・ルイス
耐時的存在者と永存的存在者の両立不可能性(On the incompatibility of enduring and perduring entities)トレントン・メリックス
そもそもなぜ何かがあるのか(Why is there anything at all?)ピーター・ヴァン・インワーゲン
性質例化としての出来事(Events as property exemplification)ジェグォン・キム
出来事についてのクワインへの返答(Reply to Quine on events)ドナルド・デイヴィドソン
普遍者の理論のための新しい仕事(New work for a theory of universals)デイヴィド・ルイス
傾向性についての三つのテーゼ(Three theses about dispositions)エリザベス・W・プライア, ロバート・パーゲッター, フランク・ジャクソン
個別の衣をまとった個別者たち : 実体に関する三つのトロープ説(Particulars in particular clothing)ピーター・サイモンズ

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする