本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本文学三六五日』(上)板坂元(講談社現代新書)

『日本文学三六五日』(上)板坂元(いたさか・げん)(講談社現代新書370)

上下巻

昭和49年(1974)12月10日初版発行
197頁

2段組み

著者は、評論家、国文学者(江戸文学専攻)。

本書は、我が国の近代文学作品からその日にかかわるものを選び出し、1月1日から12月31日まで配列するという構成の本。

1ページに1作品をとりあげ、その数は228人の作家、うるう日を含め366作品にのぼる。本書上巻は、1月から6月まで。

筆者は小説をあまり読まないので、とりあげられている作品はほとんど読んでいなかった。それもあるのか、特に感じるところはなかった。

本書は1ページに1枚、作家の写真(一部は、作品の表紙など)が載っているのだが、それは興味深かった。著名な作家などは定番の写真があって、そればかりを目にする機会が多いが、本書には定番でない写真もちらほらあって新鮮であった。

筆者には写真以外に見所はなかったが、それよりもこのようなユニークなことを発想し、それを実現したというところを高く評価する。

[関連]

『日本文学三六五日』(下)板坂元(講談社現代新書)
日本文学三六五日 下 講談社現代新書[amazon]

[参考]

『名作365日』槌田満文
名作365日(Kawade paperbacks)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする