本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『名人に香車を引いた男』升田幸三(朝日文庫)

『名人に香車を引いた男―升田幸三自伝』升田幸三、構成執筆:田村竜騎兵(朝日文庫)

昭和60年(1985)4月20日初版発行
349頁

初出は、『週刊朝日』。

著者は、将棋の棋士。

型破りな著者のエピソードが大変おもしろい。文章は、聞き書きをしたもので、名調子の升田節で心地よく読める。

将棋指しになるために、13歳のときに物差しの裏に母へのメッセージを残して家出をした逸話。
同門の大山康晴の話。坂田三吉の話。
木村名人との戦い。

GHQに呼び出されておこなった有名な問答。(この問答は日本人ならみな知っておきたいレベルのもの)
将棋界の政治の話などなど。
どれも興味深い。

ただ型破りなだけではなく、エピソードに著者の教養がうかがえる。

棋譜も載っているが、将棋のルールを知らない人でも読んで楽しい本であると思う。
升田幸三という魅力ある人物を知れるし、学ぶところも多い良書である。


本書は、朝日文庫だが、中公文庫でも刊行されている。
朝日新聞社刊のハードカバーの単行本には、巻頭に写真(白黒)が4ページある。

[関連] 
名人に香車を引いた男 中公文庫 2003 [amazon]

名人に香車を引いた男 単行本・朝日新聞社 1980 [amazon]

升田幸三―名人に香車を引いた男 単行本・日本図書センター 1997 [amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする