本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『人生について』西尾幹二(新潮文庫)

『人生について』西尾幹二(にしお・かんじ)(新潮文庫)

平成27年(2015)5月1日初版発行
318頁

『人生の深淵について』西尾幹二(洋泉社・2005)を改題し、文庫化したのが本書。

著者は、ドイツ文学者、評論家。

怒り、虚栄、孤独、退屈、羞恥、死などについて、そのテーマごとに考察したエッセイ集。

著者の体験の部分は興味深かったが、考察は全体的にはいまひとつ。悪いというのではなく、ある程度ものを考えている人ならわきまえている事柄が多い。

著者が癌を患った際の話が印象に残る。

少年の時、死を覚悟し特攻隊に志願しようとしていたという経験も本書に書かれていると思って読んだのだが、それはなかった。
その経験を語った方が説得力や重みが増すのになぜ語らなかったのだろうか。これらが書かれた時期には、そのことは明かしていなかったのだろうか。

[関連]
人生の深淵について 単行本[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange