本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『若きいのちの日記』大島みち子(だいわ文庫)

『若きいのちの日記―「愛と死をみつめて」の記録』大島みち子(だいわ文庫)

2006年3月15日初版発行
245頁

初出は『若きいのちの日記』(1964、大和書房)。

16歳で顔面の軟骨肉腫という難病におかされ、若くして亡くなった大島みち子の日記。
恋人との文通をまとめた『愛と死をみつめて』が有名だが、本書の方がよい。

強く、清く、誠実に生きたひとりの若い女性がいたことを知れる良書。

[関連] 
若きいのちの日記 1964 単行本[amazon]

若きいのちの日記 1990 単行本[amazon]

若きいのちの日記 2005・新版 単行本[amazon]

愛と死をみつめて だいわ文庫[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange