本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『痴呆老人が創造する世界』阿保順子(岩波書店)

『痴呆老人が創造する世界』阿保順子(あぼ・じゅんこ)(岩波書店)

単行本・ソフトカバー(四六判)

2004年2月20日初版発行
207頁

看護師の著者が行った痴呆専門病棟での痴呆老人の実態調査を、一般向けの本としてまとめたもの。

興味深い内容であった。痴呆老人の具体的な言動を書いたものは、まとまった本としては本書しかないのではないだろうか。
(ただ、文章はうまくなく、また、校正されているのか疑われるほど間違った日本語が多かったが。)

[参考]

『「痴呆老人」は何を見ているか』大井玄(新潮新書)
「痴呆老人」は何を見ているか[amazon]

『痴呆性高齢者のこころと暮らし』浅野弘毅編(批評社)
痴呆性高齢者のこころと暮らし[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする