本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『中国古典の名言録』守屋洋(新潮文庫)

『中国古典の名言録―人間を読み人生を読む』守屋洋(もりや・ひろし)(新潮文庫)

平成5年(1993)7月25日初版発行
308頁

著者は、中国文学者。

「巧詐は拙誠に如かず」(『韓非子』)、「安きに居りて危うきを思う」(『佐伝』)、「遠慮なければ、必ず近憂あり」(『論語』)などなど中国の古典のワンフレーズを数々とりあげ、それを現代社会に生きるためのヒントや教訓として平易に解説している。いわゆるビジネス書。

あるていど学問的な本だと思って手にとった筆者には、期待外れの書であった。

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする