本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『文体練習』レーモン・クノー(朝日出版社)

『文体練習』レーモン・クノー、朝比奈弘治訳(朝日出版社)
単行本・ハードカバー

1996年10月31日初版発行
195頁


「ある日、バスの中でいさかいが起こる。のちに、そのいさかいを起こした人物を別の場所で、たまたま見かける。」というなんのことはない出来事を99種の文章で表現している一つの文学。

色々な文体を学べる本ではない。言語遊戯を用いたユーモア小説と言えばよいか。

くだらないが、なかなかおもしろい所もあった。

作家の文体を学ぶ本としては下記がよい。
『文章読本―文豪に学ぶテクニック講座』 中条省平(中公文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする