本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『文章読本』中条省平(中公文庫)

『文章読本―文豪に学ぶテクニック講座』中条省平(ちゅうじょう・しょうへい)(中公文庫)

2003年10月25日初版発行
229頁

『文章読本―文豪に学ぶテクニック講座』(2000年、朝日新聞社)の文庫版。

著者は、フランス文学者。

森鷗外、夏目漱石、泉鏡花、野坂昭如、安部公房等々22の作家の作品をテキストに著者がそのテクニックを分析をしている。

なぜか、第7章は「村上龍ロング・インタビュー」になっている。(インタビューというより著者と村上との対談)

この手の本は、つまらないことが多いが本書はなかなかよい。

著者の分析に、目を見張るものや唸らされる鋭さなどは特にない。が、色々なタイプの文章をバランスよく採り上げていて、本書によって日本語の多様な文体を知ることができる。

軽くいろんな文体にふれたい人にはよい本。

[関連] 
文章読本―文豪に学ぶテクニック講座 単行本[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする