本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本残酷物語〈現代篇1〉引き裂かれた時代』宮本常一ほか監修

『日本残酷物語』全7巻(第1~5部、現代篇1,2)(平凡社)

第1部~第5部は、平凡社ライブラリーにて復刊されている。現代篇の2冊は復刊されていない。

『日本残酷物語〈現代篇1〉引き裂かれた時代』宮本常一・山本周五郎・楫西光速・山代巴監修(平凡社)

未読

1960年11月
390頁


目次

第1章 巨大産業の底辺
機械の奴隷たち;コンベアに追われる人々 オートメーションの内蔵
続女工の青春;新しい資本の爪 ある舎監の手記 圧倒に抗して 北陸の機業地をゆく
鉄の王国;おうこくの中の小人国 王国のメッセージ 京浜の暗黒

第2章 労働者のふるさと
出稼ぎの島;天草のくらし 孤島の人夫たち
島からきた人々;移住民のたちの都市 奄美育ちの労働者 皮と革の町
むしばまれる労働;ベンゾールの恐怖 水俣病

第3章 風と水の記録
わざわいの国土;伊勢湾台風 東京の水害 海の下にある都市 「河原者の悲劇」
つくられる水害;ダムの神話 人口水害と戦う村

第4章 現代の傷痕
癒えざる者の声;偏見の中の精神病者 昨日までの松沢病院 帰るべきところなし
原爆の地;原子あとのキリシタン 広島の廃墟の影 生まれ出る差別

日本残酷物語 現代篇 第1 引き裂かれた時代[amazon]


[関連]
『日本残酷物語〈第1部〉貧しき人々のむれ』宮本常一ほか監修
『日本残酷物語〈第2部〉忘れられた土地』宮本常一ほか監修
『日本残酷物語〈第3部〉鎖国の悲劇』宮本常一ほか監修
『日本残酷物語〈第4部〉保障なき社会』宮本常一ほか監修
『日本残酷物語〈第5部〉近代の暗黒』宮本常一ほか監修
『日本残酷物語〈現代篇2〉不幸な若者たち』宮本常一ほか監修

[参考]
『日本残酷物語』を読む 畑中章宏 (平凡社新書)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする