本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本残酷物語〈第3部〉鎖国の悲劇』宮本常一ほか監修

『日本残酷物語』全7巻(第1~5部、現代篇1,2)(平凡社)

第1部~第5部は、平凡社ライブラリーにて復刊されている。現代篇の2冊は復刊されていない。

『日本残酷物語〈第3部〉鎖国の悲劇』宮本常一・山本周五郎・楫西光速・山代巴監修(平凡社)

未読

1960年3月
406頁


目次

第1章 禁制をおかす者
鎖国の海 鮮血のくるす かくれきりしたん 異端の信徒

第2章 国を恋う人々
漂流の記録 流されびと

第3章 領国の民
士族気質 武家の女性 藩境を越えて

第4章 身分制のくさり
部落の民 身売り奉公

日本残酷物語〈第3部〉鎖国の悲劇[amazon]


[関連]
『日本残酷物語〈第1部〉貧しき人々のむれ』宮本常一ほか監修
『日本残酷物語〈第2部〉忘れられた土地』宮本常一ほか監修
『日本残酷物語〈第4部〉保障なき社会』宮本常一ほか監修
『日本残酷物語〈第5部〉近代の暗黒』宮本常一ほか監修
『日本残酷物語〈現代篇1〉引き裂かれた時代』宮本常一ほか監修
『日本残酷物語〈現代篇2〉不幸な若者たち』宮本常一ほか監修

[参考]
『日本残酷物語』を読む 畑中章宏 (平凡社新書)[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする