本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻98昭和Ⅱ(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻98 昭和Ⅱ』加藤典洋編

1999年4月
264頁

太宰治     春
折口信夫    新道の新しい方向
三好達治    なつかしい日本 三
大佛次郎    東京裁判の判決 (抄)
林達夫     新しき幕明き
鶴見俊輔    見事な占領の終わりに
大岡昇平    白地に赤く
富岡多恵子   浄化された「ひばり伝説」
関川夏央    昭和三十三年一月の不機嫌
朝日新聞社説  岸退陣と総選挙を要求する
吉本隆明    現代学生論 精神の闇屋の特権を
松坂義孝    「広島・ノート」ののちに
竹内好     五分の魂 とりきめについて
五木寛之    新宿西口の酒場で
川端康成    「伊豆の踊り子」の作者 十一
石牟礼道子   山中九平少年 (抄)
中上健次    ジャズ教左派
橋本治     全共闘について 代筆=榊原玲奈
三島由紀夫   私の中の二十五年
中野重治    憲法、憲法というけれど・・・・・・
岡真央     無題
多田道太郎   ノスタルジア考
武田百合子   『犬が星見た』あとがき
高橋源一郎   失語症患者のリハビリテーション
鮎川信夫    反核運動の真贋を問う
尾辻克彦    印刷された貧乏
竹田青嗣    ポップの勝利
佐々木幹郎   昭和終焉序曲
琉球新報    天皇陛下ご逝去
ノーマ・フィールド 市長(抄)『天皇の逝く国で』より
西原理恵子   ガッコが嫌いだった
吉本ばなな   教育
大塚英志    「私」の中のM君、M君の中の「私」
加藤典洋    聖戦日記(抄)文明季評91春
中沢新一    リアルであること
山田風太郎   戦中派の考える「侵略発言」
芹沢俊介    序 --- イノセンスの壊れる時
石川好     「未来が故郷」だった男 新井将敬氏の自殺に思う

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする