本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』別巻93言語(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 別巻93 言語』千野栄一編

1998年11月
264頁

谷川俊太郎   ことばあそびの周辺
柳田國男    故郷の言葉
唐木順三    美しい言葉
鶴見俊輔    原語圏を求める
林達夫     言語の問題
河野六郎    文字の本質
風間喜代三   解読の真と偽
田中利光    「世界で一番長い字」
徳永康元    ホルティ摂政
森有正     パリの生活の一断面(抄)
金田一京助   片言をいうまで
中川祐     学者になるなよ アイヌ語を訪ねて 3
西江雅之    引けない辞典
中川祐     ブッシュマンの数詞
青木晴夫    アメリカインディアンの言語調査
山田幸宏    イトバヤット語の調査と文字化
菊澤律子    目で見る言語・耳で聞く言語
土田滋     ヤミ語
中島由美    マケドニア語
岩崎務     ラテン語
アラン・ターニー 『英語のしくみが見えてくる』まえがき
ダグラス・ラミス イデオロギーとしての英会話
W.A.グロータース バイリンガリズムについて
千野栄一    沈黙の通訳

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする